着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立

2 11月

着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立

着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば有名な産地で生産された品です。代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、着物好きなら一枚は持っていたいような有名ブランドであればファンが多いので、査定でも高値を期待できます。着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは行わないところも少なくないですから、持ち込む前に電話やメールなどで確認するのが良いと思います。どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、細かな査定をしてもらえるので高い査定額になりやすく、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。近くにそういった店がない場合も、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。

文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかなかなか人に聞くこともできなかったので全く動けないままでした。最近聞いたのですが、宅配で買い取ってくれる業者もちょっと探せばあるようです。いいお店をランキングサイトで調べ、できるだけ多くの人が高く評価するところを家族で検討しています。
着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき証紙を一緒に提出することをすすめます。ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから一定の基準を満たした製品であることを公に証明している登録商標だと考えてください。証紙は捨てられたりありかがわからないという方もいるそうですが家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますのでなんとか探し出してください。

さほど重さが気にならないのであれば、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、気楽に断れます。直接会って話すわけですから、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、見込みのありそうなお店に訪問査定を依頼するのはどうでしょう。
伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。虫干しに始まって和紙を挟んで元通りに畳み、保管も桐箪笥が望ましいということで手間をかけないと傷んでしまいます。ご自宅の着物の中に、もう着ないものや裄丈が合わないものがあるのなら、買取を考えてもいいのではないでしょうか。次に着てくれる人がいるでしょうし、お手入れの負担も少し軽くなります。

信頼できる着物買取業者を探しているなら、「スピード買い取り.jp」は大手で、資金力も潤沢ですし、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。無料の電話相談は、24時間365日対応しているため、暇を見ていつでも問い合わせできるのがありがたいです。相談は、スマホを含む携帯電話からの通話にも対応しています。査定は無料で、持込・出張・宅配便の3種類から選べるので、初めてでも安心して利用できますね。

もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、高額査定の決め手になるのは何かポイントを探ってみました。そもそも高級な品であることは高値がつく最低条件ですが、加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなども査定のときにはシビアに見られるようです。ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても見てわかるくらいの傷があれば査定額は大幅に下がるようです。
昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方はこれから増えていくでしょう。着る機会はないし、捨てるのもどうかと思いますし、まだ着てくれる人がいて、お金になるなら売りたいところです。もし着物を売りたいなら、専門業者の中ではまずは友禅市場に問い合わせてください。送料と査定料がかからないことは大きいと思います。無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。着物の処分を考えている方、まずは試しでここの買い取りシステムを参考にしてください。

不要になった和服などがあれば、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。愛好者の多い紬などは、結城や牛首のような品でなくても、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。紬は男性物でも良いですし、友禅、江戸小紋なども買取対象です。何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

着る人のいない和服を処分するとき、値段が心配になりますよね。相場があれば知りたいというのも当然です。ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、例を挙げるのが困難な商品です。例えば同じ種類・状態の着物なら、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。
こちらもどうぞ⇒着物買取@トラブル実例と安全な利用方法~はじめての方向け~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です